はじめに

本ソフトウェア『MT4対応 FX損益管理表パーフェクト』を使用するにあたって、インストール方法、初期設定、注意事項などをご説明させていただきます。

インストールについて

本ソフトウェア『MT4対応 FX損益管理表パーフェクト』はVBA(マクロ機能)を使ったExcel(エクセル)ファイルですので、特別なインストール作業は不要です。
ダウンロードした圧縮ファイルを任意のフォルダに展開するだけとなります。

展開後のファイル構成は以下の通りとなります。

ファイル構成
展開されたExcelファイル「FX損益管理表パーフェクト」がメインで使用するファイルとなります。
Excelのバージョン毎にファイル名に【2003以下用】、【2007以上用】と付けておりますので、ご利用者様がお使いのExcelのバージョンにあった方のファイルをご使用ください。

使用しない方のファイルは削除しても問題ありません。また、「FX損益管理表パーフェクト」のファイル名も自由に変更可能です。
※その他のファイルについては、ファイル名は変更しないで下さい。

アップデートについて

すでに本ソフトウェアをご利用中の方で新しいバージョンにアップデートするには、MacroAddinフォルダ内のアドインファイル「FX_PLM_MacroAddin」を新しいバージョンのファイルに置き換えてください。

後は通常通り元々使用していたExcelファイル「FX損益管理表パーフェクト」を開けば、アップデート処理は完了となります。

Excelファイル「FX損益管理表パーフェクト」も置き換えてしまうと入力されているデータが消えてしまうのでご注意ください。

アンインストールについて

インストール時に展開されたファイルを削除してください。

ご利用者様の環境を汚さないよう、アドインのインストールやレジストリ等への書き込み・変更などは一切行っていません。

起動時の注意事項

CSVファイルに出力したMT4の取引履歴のインポート処理などはExcelのVBA(マクロ機能)によって実現しています。必ず本ソフトウェア『MT4対応 FX損益管理表パーフェクト』を開いた際にマクロを有効にしてご利用ください。

マクロの有効方法はMicrosoftの以下Webサイトをご確認ください。

初回起動時の設定

本ソフトウェア『MT4対応 FX損益管理表パーフェクト』を起動すると下記参考画像のように[設定シート]が表示されます。ご利用いただく前に、[設定シート]にてご利用者様の環境に合わせて通貨ペア表、Expert Advisor表を設定してください。

設定シート画面
それぞれの設定方法をご説明させていただきます。

通貨ペア表の設定

MT4をご利用の方は、ご利用者様がお使いのFX会社に合わせて、通貨ペアのコードと通貨ペア名を入力してください。

コードはMT4の画面(下記参考画像の赤枠部分)よりご確認いただけます。デフォルトでは作者が利用しているForex.comのProスプレッド口座のコードが入力されております。

MT4の通貨ペアコード
MT4を利用しておらずCSVファイルのインポート機能を使用しない場合は、コードは特に入力しなくても問題ありません。取り引きで使用している通貨ペア名だけ入力してください。

Expert Advisor表の設定

MT4でEAによる自動売買をご利用の方は、使用しているEAのマジックナンバーとEA名を入力してください。

EAのマジックナンバーはEAの設定画面の[パラメーターの入力]タブよりご確認いただけます。下記参考画像の赤枠部分のようにMagicNumberのバリューに設定されている値となります。(EAによって変数名はMagicNumber、magicなどと異なります。)

MT4 EAのマジックナンバー
MT4を利用していない方は特に設定していただく必要はございませんが、EA名の代わりに活用しているトレード手法を入力しておいて、トレード記録をする際に実施したトレード手法を選ぶようにすれば、最適なトレード手法の分析にも役立てられるかと思います。


公開日:
最終更新日:2014/02/24

  • MT4対応 FX損益管理表パーフェクト Ver 2.0.0

    今すぐダウンロード

    Vectorソフトウエア・ライブラリの
    ダウンロードページにジャンプします。

    ソフトウェアの更新履歴へ

PAGE TOP ↑